スポンサーリンク

【2017年1月】在宅勤務が可能なWebデザイナー求人を調査しました!

テレワーク

柔軟な働き方を目指す上でフリーランスの他にも在宅勤務という手がありますよね。最近ニュースでも「在宅勤務」や「テレワーク」というワードをよく目にするようになってきました。そこで実際どれくらいの求人数があるのか、職種をWebデザイナーに絞って調べてみました。

6つの転職サイトを調査

  1. リクナビNEXT
  2. マイナビ転職
  3. Find Job!
  4. @type
  5. PARAFT
  6. Green

たくさんの転職サイトがありますが、その中から私の判断で6つの転職サイトを選んでみました。

在宅勤務が可能な求人を集計する際の注意点として、育児や介護など限定された条件でのみ在宅勤務を可としている会社は除いています。

また、調査日は2017年1月26日、勤務地は全国を対象としています。それでは見ていきましょう。

1.リクナビNEXT

こちらは知名度で選びました。転職サイトとして非常に有名で、求人数もトップレベルです。さて結果はどうでしょうか。

  • Webデザイナーの全体求人数・・・約40件
  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・1件

在宅勤務可能なWebデザイナー職の求人はたったの1件でした・・・。

リクナビNEXTのトップページへ

2.マイナビ転職

リクナビには劣りますがこちらも知名度がありますよね。

  • Webデザイナーの全体求人数・・・約90件
  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・2件

結果を見てみるとWebデザイナーに関してはリクナビNEXTよりも求人数が多いことがわかりました。

しかし在宅勤務可能となると2件となり、リクナビNEXTとほとんど変わらない結果に。

マイナビ転職のトップページへ

3.Find Job!

こちらはIT・Web業界に特化した転職サイトです。

  • Webデザイナーの全体求人数・・・約190件
  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・2件

やはりWeb系に強い転職サイトということもあってWebデザイナーの全体求人数は圧倒的です。

在宅勤務可能な求人は・・・見なかったことにしましょう!

Find Job!のトップページへ

4.@type

この転職サイト、私は今まで見聞きしたことはなかったのですが、評判が良かったので調査対象としました。

  • Webデザイナーの全体求人数・・・約40件
  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・1件

結果は・・・リクナビNEXTとほぼ一緒でした!

@typeのトップページへ

5.PARAFT

PARAFTは「生きると働くをもっと楽しく」をコンセプトに掲げ、柔軟な働き方ができる企業の求人情報を載せている他にはない転職サイトです。

  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・1件

PARAFTは全体の求人数が少なく、残念ながら在宅勤務が可能なWebデザイナーの求人は1件しかありませんでした。

しかし個性的で楽しそうな企業が揃っているので、たまに覗いてみるのもいいかもしれません。少数精鋭といった印象です。

PARAFTのトップページへ

6.Green

GreenはFind Job!と同様、IT・Web業界に特化した転職サイトです。

  • Webデザイナーで在宅勤務可能な求人数・・・10件

Webデザイナーのみに絞った求人検索が難しかったので、全体求人数は割愛します。ごめんなさい!

でも見てください、在宅勤務可能な求人はなんと10件もありました!
1、2件しかなかった他の転職サイトと比べると、かなり多く感じますね。

Greenのトップページへ

調査を終えて

Webデザイナーに関して言えば、リクナビNEXTなど知名度のある大きな転職サイトよりも、Find JobやGreenなど、ITやWeb業界に特化した転職サイトを利用したほうが好みの求人を見つけやすいと感じました。

そして何と言っても私の予想以上に在宅勤務可能な求人数が少なく、驚きました。

転職サイトを通して在宅勤務可能な求人を探す場合は、定期的にチェックをしないとダメですね。

もっと在宅勤務という働き方が浸透してほしいと感じた調査でした。以上で報告を終わります!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. Lennyさんはじめまして。

    私は就活中なのですが、ワークライフバランスの実現を模索している中でここを見つけました。
    リクナビ、ビズリーチなどを使って2月から就活を始めましたが、自分のやりたい事をよく考えていたら、フリーランスという働き方があることに気が付きました。
    記事を参考にGreenへ早速登録し、いくつか興味のある求人情報を見つけることができました。
    ありがとうございました。twitterフォローさせていただきます。

    • Lenny より:

      コメントありがとうございます。私の書いた記事が少しでもお役に立てたようで嬉しいです。

      フリーランスという選択肢は普通に生活していると中々浮かびにくいですよね。
      今後働き方はますます多様化していくでしょうし、フリーランスもその中の一つだと思います。

      お互いワークライフバランスの実現を目指して頑張りましょう!

トップへ戻る