スポンサーリンク

サイドバーは左右どっち?見出しの位置は?

サイドバー

ブログに関して言えば右サイドバーが圧倒的に多いですが、なぜそうなのか理由を考えたことはありますか?見出しの位置はどうでしょう。デザインって意外と合理的なんです。

左サイドバーだと記事に集中できない

横書きの文書において、人の視線は基本的に左から動き始めます。
そしてWebページを見る際、多くの人は「Fの法則」に従って視線を動かします。下の画像を見てください。矢印は視線の動きを表しています。

Fの法則

どうでしょうか。タイトルやアイキャッチ画像、冒頭部分はしっかりと読んでくれますが、下に行くにつれて左側に意識が集中してますよね。これが「Fの法則」というやつです。ブログ記事などのWebページって下に長いことが多いので、こういった読み飛ばし方をするのでしょうね。他に「Zの法則」というものもあるので興味があったらぜひ調べてみてください。

さて話は変わりますが、ブログにおいて読者に一番見て欲しいものってなんでしょうか。

・・・記事ですよね。え、広告?

左側にサイドバーを置く = 読者の視線の通り道にサイドバーを置く

ということを意味します。つまり、集中して記事を読んでもらいたいのであれば、左側にサイドバーを置くべきではないということです。

サイドバーっていうのは基本的に補足的な役割です。サイドバーによく使われるaside要素の “aside” も和訳すると「余談」とかそういう意味です。
メインはあくまでも記事なので、人の視線の動きを考えて記事を左側に、サイドバーを右側に配置するのが合理的ということになります。

見出しは左寄せで

見出しは文字も大きく装飾も施されていたりして、ただでさえ目立つのでそこまで気にする必要は無いのですが、視線が左側に集中することを考えると左寄せがベターです。

見出しだと中央揃えという選択肢も出てきますからね。中央揃えだとFの軌道から外れてしまいます。まあだいたいのブロガーさんは見出しを左寄せにしているのであえてこういう記事を書く必要はないのですが、「なぜ左寄せなのか」を考えることは大事です。

デザインはセンスじゃない

佐藤オオキさんもおっしゃってました、「デザインはセンスじゃない」と。特にWebデザインにはこの名言がよく当てはまります。

今回のように、なぜこのデザイン、レイアウトなのかを考えるクセをつけることで、センスに任せて「なんとなくデザイン」することを防ぐことができますよ。おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る