スポンサーリンク

これからはSEOを意識してキーワード選定しっかりやります。

SEO

キーワード選定の重要性は知りつつも、今までは記事数を増やすことだけを考えてきたので、今回はSEO初心者なりに頭をひねってキーワード選定について考えてみました。

検索流入なくしてアクセス数なし!

はてなブログなんかだとコミュニティがあって検索流入以外にもアクセスが見込めるのですが、独自ドメインでWordPress製のブログだとほぼ検索流入頼みです。

検索流入を増やすためには検索で上位表示を狙う、つまり狙ったキーワードを選定し、タイトルや本文にそのキーワードを積極的に入れる必要があります。

・・・私は今までこれを全くやっていませんでした。とにかく良質な記事を増やすことばかり考え、SEO対策とかキーワード選定はもっと記事が増えてからでいいだろうと高を括っていました。

良質な記事を増やすことはとても大事です。ですがキーワード選定をしっかり行うことも同じくらい大事だということにようやく気付きました。まあブログを始めたばかりの頃ってキーワード選定まで頭が回らないんでしょうねきっと!

キーワードを上手く選べばドメインが弱くても上位表示される

このことに気付いたのは同じWordPressブロガーであるスルメ坊主さんの過去の記事

【 ブログ開設2ヶ月経過 】SEOが弱いんじゃなくって投稿の内容が悪かった事が判明!

を見たからです。

「独自ドメインでブログを始めて約3か月はドメインの力が弱く、検索結果に表示されにくい」といった情報はよく流れていますし、実際そういう傾向があることは確かなのでしょう。しかし、キーワード選定をしっかり行うことでドメインがまだ弱くても検索結果に上位表示される(こともある)のです。もちろん内容も良くないとダメですけどね!

当ブログはまだ開始2か月目ですが、実際に「働き方改革 フリーランス」や、「テーマ First カスタム」などと検索すると当ブログの記事が上位に表示されています。

例え今はまだドメインが弱く上位表示されていなくても、キーワード選定をしっかり行った良質な記事がドメイン強化後に上位表示される可能性は非常に高いです。

タイトルのキーワード選定が上手くできていない悪い例

 先月私が投稿したこの記事を見てください。

悪い例

 

・・・何が悪いかわかりますか?

 

1.タイトルが誰をターゲットにしているかわかりにくい。

この記事はHTMLとは何かいまいちよくわからない初心者を対象に、 「かたまり」という言葉を使ってわかりやすく説明しようとしています。
しかしタイトルを見ただけでは誰をターゲットにした記事なのか全くわかりません。

2.「かたまり」というキーワードが検索を意識していない。

この記事では「かたまり」という単語を多用していて、実際にGoogle検索で「HTML かたまり」や「Webページ かたまり」と入力すると1ページ目に出てきます。

が、残念ながらそんな単語で検索する人はいません・・・。

Googleのキーワードプランナーを使って「HTML」の複合キーワードを調べてみると、初心者が検索しそうなものとして、

  • HTML とは
  • HTML 入門
  • HTML 初心者
  • HTML 簡単

などが候補に挙がってきます。

改善策:記事のターゲットが検索しそうな単語をキーワードにする。

これは基本中の基本ですが非常に大事です。皆さんは何か知りたいこと(問題)があり、その答え(解決策)を求めて検索エンジンを使いますよね。

つまりユーザーの知りたいことや問題に関する単語をタイトルのキーワードに入れ、ユーザーが満足するような答えを本文で示すことができれば、競合サイトが比較的多くても上位表示される可能性は十分にあるはず。

というわけで記事タイトルを次のように変えてみます。

HTML初心者は「かたまり」を意識しよう。デベロッパーツールも超便利!

これでHTML初心者向けの記事であることがわかりますね。そしてこだわりの単語「かたまり」も懲りずに入れてます(笑)。「HTML 初心者」で検索する人をターゲットにしていますが、どうなるでしょうか。結果が分かり次第、また追記します。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る