スポンサーリンク

退職時期を早めて職業訓練を受けるという選択肢

職業訓練

今まで約2か月間、働きながらブログ運営やWebデザインの勉強をしてきました。しかし最近、仕事をしている時間もWebデザインの勉強に充てたいという思いが強くなったので、早めに退職して職業訓練を受けるという選択肢について考えてみることにしました。

現在の仕事について

現在は税務会計の仕事をしていますが、Webデザインの仕事とは全く関係がありません。共通点といえばパソコンを使うことくらい。

そして一度仕事を覚えてしまえばあとはほぼルーティンワーク。これ以上新しく学べるものは無く、今の仕事を続けるメリットはありません。

Web関係の仕事で食っていけるようになるまでは生活費を稼がなければならないという思いから、今まではなんとか仕事を続けてきました。

Webデザインの勉強に全力投球したい

仕事、ブログ運営、Webデザインの勉強。これら3つを同時並行で行うとなると、休日以外でWebデザインの勉強に充てられる時間は結構少なく、もどかしい気持ちになります。

ブログ運営は絶対に辞めたくないので、もっとWebデザインの勉強に時間を充てるためにはやはり現在の仕事を辞めるしかありません。

関係のない仕事を続けながらWebデザインの勉強をするより、腹を括って仕事を辞め、Webデザインの勉強に集中した方が早く次に繋がるのではないかと思い始めています。

貯金と給付金を駆使して退職後を生き抜く

私は自己都合で退職予定なんですが、自己都合の退職だと失業給付が貰えるまで3か月以上かかってしまいます。つまり退職後約3か月は就職しない限り貯金などで生活しなければなりません。

そこで公共職業訓練です。早めに申し込みをして職業訓練校に通うことで3か月以上待たずに給付金を貰うことができます。

例えば3月31日に退職し、5月1日に3か月の職業訓練が始まったとしましょう。6月に最初の給付金が振り込まれるので、4月と5月を3月分給与や貯金を使って生き抜くことができればその後3か月、つまり8月までは生き延びることができます。

これだけの期間、Webデザインの勉強に全力投球すればなんとかなりそうですよね!

独学ではなく職業訓練を選ぶ理由を考える

正直なところ人によっては独学のほうが効率がいいと思います。それに職業訓練で学べるのは基礎的なことばかりです。

それでも職業訓練を受ける理由として考えられるのは、

  1. 失業給付の給付制限が解除され、給付金の支給日が早まる
  2. 同じ志を持った人と一緒に勉強ができる
  3. 講師に質問したり、業界の情報が得られる
  4. 遅刻や欠席に非常に厳しいので、自らを強制的に勉強させることができる

あたりでしょうか。

特に私にとって大事なのは2番目です。独学は本当に孤独な闘いなので、時々辛くなったりもしますよね。同じ目標を持った人同士で一緒に勉強するという経験は何物にも代えがたく、効率よりも重要だと私は考えます。

そういった良き出会いを期待して職業訓練を受けるというのもアリですよね。

あとは独学だとWeb制作の業界の実態というか、実際現場では何が行われているのかといったような情報を入手しづらいので、そういった情報を得るために職業訓練校に通うのもいいと思います。講師は業界に詳しいはずなので。

先はどうなるかわからない、でも・・・

職業訓練を終えたとしてどこかのWeb制作会社に1回就職するのかそのままフリーランスになるのか今はまだわかりません。

ただ、仕事を辞めて無職という窮地に立つことで火事場の馬鹿力を発揮し、物事が良い方向に進むと信じています。

というわけで、今回伝えたかったことをまとめると

  • 思ったよりも早く今の仕事を辞めることになりそう
  • 職業訓練を受けるかもしれない

です。

2017年最初の記事ということで個人的な内容となりました。
今年も宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る