スポンサーリンク

ミニマリスト、始めます。

ミニマリスト

フリーランスになってしばらくは収入面で先の見えない生活が待っていることでしょう。そこで今のうちから無駄を省いて節約する生活に慣れておくことにしました。

現在の部屋を自己評価してみる。

読み終えた(読む気が無い)本や、着ない衣服、聴かないCDなど、使わないくせに場所をとっている物がたくさんあります。物が多いと部屋もどんどん汚くなって掃除もしづらくなり、悪循環です。私の場合、物がもったいないから捨てないというより、捨てるのが面倒臭いんです。どうやら重い腰を上げる時が来たようですね・・・。

いらない物は全部捨てて部屋がスッキリすれば、無駄な物を買う気は起きなくなるはず。

自分にとっての「最小限」を目指す。

ミニマリストは一言で言うと「最小限の物で暮らす人」のことですが、最小限の定義は人によって異なりますよね。

ちょっと「ミニマリスト」で画像検索してみたんですが、私には真似できそうもない部屋ばかりでした(笑)。敷布団とパソコンだけの部屋とかありましたから・・・。

私はもともと物欲が強く、欲しいものがあったらとりあえず買うタイプの人間です。そんな人間が真のミニマリスト達を真似するのは危険すぎます。
というわけで、自分にとっての「最小限」を目指します。

とりあえずテレビを捨てました。

NHKの受信料、払いたくないですよね。今はAmazonのプライムビデオ、Hulu、Netflixなどテレビ以外にも娯楽はたくさんあります。NHKの受信料は完全に無駄な出費だと思ったので、テレビを捨てました。

ただ、NHKの解約手続きは結構面倒臭かったです。手順としては、

  1. リサイクル業者などに頼んでテレビを引き取ってもらい、領収証を貰う
  2. NHKに電話をして解約届を郵送してもらう
  3. 解約届に必要事項を記入して、領収証も添付して送り返す。

ここで注意していただきたいのは、1と2の順番が逆になってはならないということです。私は最初、テレビを引き取ってもらう前にとりあえず解約届を送ってもらおうとNHKに電話したんですが、「テレビを引き取ってもらってからまた電話してください」とあっさり断られてしまいました・・・。はっきりいって解約時のNHKの電話対応はちょっと怖いです(笑)。攻撃的です。

テレビを処分して領収証をもらったら、NHKに電話してテレビを処分した日付を申告し、解約届を送ってもらいます。

解約届をNHKに送っても解約完了の通知などは一切無いので、ちょっと不安になります。勝手に解約手続きが終わっています。

私はこんな感じで無事NHKの受信契約を解約できました。無駄が一つ減って嬉しいです。

ドコモから格安SIMのLINEモバイルへ・・・。

私もようやく格安SIMデビューを果たしました。業者は評判の良いmineoとLINEモバイルで迷ったのですが、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランだとLINE、Twitter、Facebook、Instagramにかかるデータ通信がカウントされないので、私はこちらを選びました。

ドコモからLINEモバイルへ移行したことにより私の場合、

  • ドコモ:カケホーダイプラン2,700円 + データSパック(2GB)3,500円 = 6,200円
  • LINEモバイル:音声通話付コミュニケーションフリープラン(3GB1,690円

※全て税抜価格

となりました。ドコモは他にも端末分割料金やサービス等利用料を支払っていたので実際はもっと金額は大きかったのですが、これだけみても月々4,510円も携帯代が安く済むことになります。しかもLINEモバイルのほうが1GBデータ容量が大きいのに・・・。

というか電話をあまりしないのにカケホーダイプランに2,700円も払っていたとは不覚でした(笑)。手続きを面倒臭がるとこのように大きな無駄が生まれます。
格安SIMの弱点として通話料金が高いことが挙げられますが(LINEモバイルの場合20円/30秒)、そこは「LINE無料通話」などの利用でカバーです。

Amazonでエントリーパックを購入すると事務手数料3,000円(税抜)が無料になるので実質2,000円以上もお得に契約できます。

こちらが音声通話無しバージョンで、

こちらが音声通話付きバージョンとなります。

無駄を省くって楽しいかも。

最初は節約を始めることでだいぶストレスが溜まるのではないかと思っていましたが、いざやってみると楽しいです。私がミニマリストを気取るのはもちろんお金のためですが、真のミニマリスト達はお金の節約のためというより、無駄を省くということに楽しみを見出しているのでしょうね。

フリーランスになって路頭に迷うことは避けたいので、楽しみながらミニマルな生活をしていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る