スポンサーリンク

仕事の選び方・決め方がわからない人へ。私が考える7つの基準

ライフスタイル

就活生の皆さんや転職を考えている皆さん。なんとなくで仕事を選んではダメですよ!なぜこの仕事を選んだのか、基準を明確に持つことで仕事に対する意識も変わってきます。仕事の選び方・決め方がわからない人は是非参考にしてください。

はじめに

仕事と人生って切っても切れない関係ですよね。ほとんどの人は働かないと生きていくことができない。だったら仕事は楽しいほうがいいに決まっています。

しかし多くの仕事は自分でやりがいを見出さない限り、楽しくないものだと思います。

社会に出る前の学生の頃、自分のやりたい仕事はなんだろうと、必死で悩んだ方は多かったのではないでしょうか。

仕事を選ぶ7つの基準

私の想像力の範囲内で、仕事を選ぶ基準を7つに分類してみました。特に7つ目の基準に注目してください。

1.自分の夢、やりたいこと基準

小さい頃からなりたかった、自分にはこれしかない、好きで仕方がない、など。

例を挙げると宇宙飛行士、俳優、バンドマン、パイロット、スポーツ選手など、一般に華やかとされている職業でしょうか。

狭き門ではありますが、夢を追いかけることは素晴らしいことだと思いますし、実際その職業に就くことができればそれが仕事だという感覚もなくなるかもしれませんね。羨ましい!私は中学生くらいに戻れるなら人工知能の開発者を目指したいです(笑)。

2.社会的地位、名誉、世間体基準

こういう言い方をしてしまうとマイナスイメージになりますし、それだけで選んだわけでもない方も多くいらっしゃると思いますが、これも一つの基準として挙げました。

社会的地位が高いとされていそうなのは、医者、法曹(裁判官、検察官、弁護士他)、官僚などですよね。社会的地位が高いということは、それだけ社会の役に立つ仕事であり、やりがいを見出しやすいということにもなります。官僚なんかは特にその業務内容の割に給与が安いイメージがありますので、この基準に当てはまりやすそうです。

また、就活生に大人気の大企業はこの基準もそうですが、後述する給与、安定基準にも関係しているでしょう。

3.給与基準

これは単純にその仕事が稼げるからということです。もちろんお金はたくさん貰えたほうがいいに決まっています。

しかし、たくさんの報酬が貰える代わりに休みが全然ない仕事もありますよね。お金があっても使う時間が無ければ意味がありません。それだけのお金を貰って何をしたいのかまで考えられれば仕事に対するモチベーションも上がるのではないでしょうか。

あくまで私の考えですが、若いうちにバリバリ働いてお金を稼ぎ貯金して、歳をとってからお金を使ったり、老後に備えることにはあまり賛同できません。若いうちからどんどんお金を使って色々と経験を積むべきです。

とは言っても若者の貧困が叫ばれている現代ですからこれは理想論に過ぎないのかもしれませんね……。

4.安定基準

真っ先に思いつくのは公務員ですね。私も目指した時期がありました。

公務員としてやりたいことが明確に存在する人は別ですが、安定という一面だけで公務員を選ぶのは良くも悪くも「無難」な選択だと思います。

安定した仕事に就くことを考えるのではなく、自分ならではの能力を身に着け、時代がどう変化しても対応できるような「安定した自分」を作るという選択肢もありますよ。

5.労働環境基準

働きやすさを重視する基準です。残業がほとんどなく、定時に帰れる。子育てしやすい。人間関係が良好(これは事前にはわかりませんね)。これらは仕事をする上で非常に大事ですが、実際に仕事に就いてみないとわからないことも多いのが難点です。

6.スキルアップ基準

将来やりたい事業や就きたい職業があり、それに必要な能力を身に着けるために一時的に身を置くというパターンです。

基本的に転職前提の就職となりますが、「なんのために働いているんだろう」ということにはなりませんし、狙った能力が身に付けられるので将来設計を立てやすく、先に繋がりやすいですね。これまでの6つの基準の中では一番おすすめの基準です。

……大体思いつくのはこのあたりでしょうか。細かく分類すればもっとたくさんあるでしょうが、多くの人がこれらの基準で仕事を選んでいると思います。

ここで一つ、私が会社員を辞めてフリーランスとして生きる選択をするのに使った基準をご紹介します。

7.理想のライフスタイル基準

ライフスタイル

「どんな仕事をしたいか」から考えるのではなく、まずは「どんなライフスタイル、生き方をしたいか」を考えます。100人いたら100通りの理想のライフスタイルがあるはずなので、ここでは私の例をご紹介します。

私が人生で幸せを感じる瞬間は、旅行しているときや、アウトドアしているときです。一つの場所に留まるのではなく、色々な場所で生活がしたいです。綺麗な景色をたくさん見たいです。冒険っぽいことをするのが大好きです。子供っぽいですね(笑)。

好きな時にふらっと旅に出たり、家族に会いに行ける。たくさんの人と会える。旅先でも仕事ができる。

こういった理想のライフスタイルを自分の中で描いたときに思いついたのが、会社員を辞めてWeb系のフリーランスになることでした。パソコン1台とネットに繋げられる環境さえあればできてしまうWeb系の仕事は私にとって魅力的でした。

まだ実際にフリーランスになって理想のライフスタイルを実現したわけではないので、この基準が正しいかどうか私の経験から証明することはできないのですが、これも仕事を選ぶ基準として一つの正解であると私は信じていますし、このブログを通して証明するつもりです。

最後に一言

現在の仕事に不満を抱えている皆さん、何かしら行動を起こしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る