スポンサーリンク

事業主貸と事業主借、2つの勘定科目を使った仕訳を覚えよう!

財布

個人事業主が青色申告の帳簿をつける際によく使う事業主貸勘定事業主借勘定。字面だけ見ると難しそうですが、図を使えば簡単に理解できますよ。

事業用と私生活用の口座をしっかり分ける。

個人事業主って仕事とプライベートの境界線が曖昧ですよね。お金の管理についても同様で、同じ口座を使ってしまうとお金の流れを事業と私生活に区別することが大変になります。帳簿付けがかなり面倒になってしまうので、あらかじめ事業用と私生活用で口座を分けておきましょう。

事業用と私生活用の口座

事業と私生活どちらに必要な費用なのかをはっきりさせる。

確定申告の基本ですが、事業の経費として認められるのは事業によって収益を得るために必要な費用です。私生活のための費用とはしっかり区別しましょう。

事業の費用と私生活の費用

事業用の現金・預金を私生活のために使う場合は事業主貸勘定

事業主貸勘定

上の図のように、

  • 事業用の預金口座からお金を引き出して私生活用の財布に入れた場合
  • 事業用の預金口座から私生活用の預金口座へ振り替えた場合
  • 事業用のクレジットカードで私生活に必要な物を買った場合

などは事業主がお金を貸したと考え、事業主貸勘定を使って仕訳をします。
例えば事業用のクレジットカード(普通預金から引き落とし)で35,000円のPS4(個人用)を買った場合の仕訳は、

事業主貸 35,000円 普通預金 35,000円

となります。

私生活用の現金・預金を事業のために使う場合は事業主借勘定

事業主借勘定

次は先ほどとは反対で、

  • 私生活用の預金口座から事業用の預金口座へ振り替えた場合
  • 私生活用の財布から事業に必要な物を買った場合

などは事業主がお金を借りたと考え、事業主借勘定を使って仕訳をします。
例えば事業用のプリンター8,000円を私生活用の財布から現金で支払った場合、

消耗品費 8,000円 事業主借 8,000円

となります。

現金を入れた財布を事業用と私生活用の2種類用意するというのはあまり現実的ではないので、基本的に現金は私生活用のお金と考え、現金で事業用の物を買った場合は事業主借勘定を使うのが良いでしょう。

事業主貸も事業主借も使わないケース

最後に事業主勘定を使わないケースを見ていきましょう。

事業用の現金・預金を事業のために使う場合

事業同士

この場合は普通に仕訳をすればOKです。例えば事業用のプリンター8,000円を事業用のクレジットカード(普通預金から引き落とし)で買った場合、

消耗品費 8,000円 普通預金 8,000円

となります。

私生活用の現金・預金を私生活のために使う場合

私生活同士

この場合は事業に全く関係のない取引となるので、仕訳は行いません。

まとめ

事業主勘定を使い慣れると楽に仕訳ができるようになるので是非覚えてくださいね。事業と私生活が交差するような取引は事業主勘定を使うと覚えておけば良いでしょう。
そして事業に属するものに対して「消耗品費」や「普通預金」など名前の付いた勘定科目を使うということも忘れずに!

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る