スポンサーリンク

脱サラリーマン宣言!

脱サラ

はじめまして、Lennyと申します。現在は東京で会社員をやっておりますが、主に以下の理由から会社員を辞め、フリーランスとして生きることを決意しました。

 私が脱サラする理由

  1. 年間約250日、場所と時間を拘束されることが自分には合わなかった
  2. 従業員としての立場上どうしても受身にならざるを得ず、能動的に自分のやりたいことができない
  3. 正社員として会社に依存するのではなく、自分ならではの能力を高め、その能力を活かして対価を得られるような刺激的な人生を送りたい

1. について

これが一番大きな理由かもしれません。まとまった休みがほとんど取れず、好きな時に海外旅行にも行けないし、家族にも会えない(実家は東北です)。
毎朝決まった時間に起きて会社に行き、毎日同じような仕事の繰り返し。こんな生活をあと30年以上もすることを思うと悲しくなります。

2. について

従業員という雇われの立場では会社の意思決定に直接関われず、基本的に上からの命令で動くことになると思います。そうなると自分の能力に合っていない仕事を任されたりして、自分で進んで仕事をしているというよりは、仕事を「やらされてる感」が強く出てしまうんですよね。そうなると仕事がつまらないものになってしまう。

社会人になると睡眠時間以外の多くの時間を仕事に費やすことになるわけですが、それがつまらないものであれば、最悪の場合、「何のために生きているんだろう」ということになりかねません。

業務内容がつまらなかったり辛かったりするのであれば、転職するという方法もありますが、転職もある種のギャンブルだと思うんです。転職したからといって現状より業務内容が面白くなったり、人間関係が良くなるとも限りません。ならばいっその事会社員という立場を辞めることも一つの手ではないでしょうか。

3. について

例えば大学を卒業して大企業に正社員として入社したとしましょう。待遇もよく社会からの信頼も厚い。しかしその状況に依存しすぎていると、その会社でしか使えない人材になっていたりしないだろうか。いざ会社が倒産するなどしてその肩書を失った場合、他の場所でもやっていける「強い自分」が残るかどうか。そういったことを考えて、肩書が無くとも生身の自分で勝負できる人間になりたいなと今は思っています。簡単に言えば冒険したいんです!

これから

これからどうするか

会社員に対して否定的なことばかり述べましたが、すぐに会社を辞めるわけではなく、まずはフリーランスとして稼げるようになるまで副業としてやっていき、目途が立ったところで会社を辞め、フリーランスとして生きていくつもりです。そしてこのブログはその第一歩です。

このブログでは、フリーランスとして稼げるだけのスキルを何も持たない人間が、スキルを身に着けたのち会社を辞め、フリーランスとして自立するまでの過程をリアルタイムで記録していきます。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る